ホテル 沖縄本島

ホテル日航アリビラ3泊4日の宿泊ブログ!海外のようなホテルでした!

この記事では以前沖縄県にある「ホテル日航アリビラ」に3泊した際の宿泊記について紹介しています。

具体的には以下のような内容です。

  • ホテル概要
  • アクセス
  • ホテルの外観
  • ホテルの内観
  • 宿泊したお部屋:スーペリアツイン
  • ホテル内施設
  • ホテルオリジナルグッズ
  • 朝食
  • 周辺情報
  • 主要な観光地へのアクセス
  • 宿泊して感じたホテルの良い点・イマイチな点

内容盛りだくさんですので、気になる箇所だけでもチェックしていただければと思います。

アリビラと言えば、ホテルの外観・内観が特徴的かと思いますが、この点についても写真付きで紹介しております。

では、内容盛りだくさんですので、前置きはこのくらいにして本題に入りましょう。

動画バージョン

この記事の動画バージョンがこちら。あわせてご覧いただけると嬉しいです。

ホテル概要

ホテル日航アリビラは沖縄県の中頭郡読谷村(なかがみぐんよみたんそん)にあるリゾートホテルです。

南欧のような雰囲気漂う見た目が特徴です。

ホテルの概要としては以下の通りです。

ホテル名 ホテル日航アリビラ -ヨミタンリゾート沖縄-
住所 〒904-0393 沖縄県中頭郡読谷村字儀間600
客室数 397室
チェックイン 15:00
チェックアウト 12:00
駐車場 250台(1滞在/1台 1,000円)
ホームページ https://www.alivila.co.jp/

アクセス

ホテル日航アリビラがある中頭郡読谷村(なかがみぐんよみたんそん)は沖縄本島の中部に位置しており、那覇空港から車で約1時間ほどで行くことができます。

また、那覇空港から出ているリムジンバスを利用して行くこともできるようです。リムジンバスを利用する場合は事前予約が必要とのことですので、利用する際はご注意ください。

リムジンバスの詳細については、以下ホームページをご覧ください。

リムジンバスの詳細を確認する

私個人としては、車でのアクセスをオススメします。理由としてはざっと以下のことが考えられます。

  • ホテル周辺の飲食店は多くない(徒歩圏内だと限られる)
  • ホテルの周りは街灯があまりないため、夜になると真っ暗で危険
  • ホテルの立地が様々な観光地へのアクセスが良い

ただし、ホテルステイを楽しむ方やホテル内で食事を済ませる予定の方はリムジンバスを利用するのもありかもしれません。その場合は、バスの時刻と飛行機の時刻にお気をつけていただければと思います。

ホテルの外観

ホテル日航アリビラと言えば、この南欧風の外観ですよね。オレンジの屋根に白の外壁が際立っていますよね。

ホテルの外観を見てアリビラに興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。

写真はホテル正面から撮ったものですが、写真映えしますよね~。

夜のホテル正面の写真。ライトアップされて昼間と違った雰囲気でイイ感じです。

ホテルの内観

こちらはエントランスすぐそばの廊下です。ホテルの外観と同じく内観もどこか海外のような雰囲気がありますよね。

こちらはエントランスの目の前にある中庭です。ちょうどクリスマス周辺での宿泊だったためクリスマスツリーがライトアップされていたり、緑が豊かでいい雰囲気でした。

宿泊したお部屋:スーペリアツイン

今回宿泊した部屋はスーペリアツインのタイプでホテルの北側に位置する部屋でした。

絨毯や窓の白い扉?など海外風な部屋です。写真はないのですが、風呂、トイレは別々でした。

テラスの景色です。真っ白なチャペルに青い海が見えます。

テラスにテーブルとイスがありましたが、隣の部屋などから丸見えの作り(独立はしているのですが、仕切りがない)なので、今回は利用しませんでした。。。

ホテル内施設

ホテル内施設は充実しており、一部を紹介すると以下のような感じ。

  • ショップ アリビオ(洋服などのファッションアイテム)
  • ショップ メルカード(お土産屋)
  • ショップ ディーア(コンビニ)
  • 屋外プール(無料)
  • 屋内プール(有料)
  • パターゴルフ
  • テニスコート
  • などなど

ホテル周辺にはコンビニがないので、ホテル内にあるのは非常に便利でした。また、お土産屋は広々としており、アリビラオリジナルグッズも売っていたりと品ぞろえが充実していました。

パターゴルフやテニスコート、マリンアクティビティなどもあるので、ホテルステイでも十分楽しむことができそうですね。

私が行った際は海水浴シーズンではなかったので、パターゴルフをしました。

写真中央にある白い建物(ホテル正面、駐車場横にあります)で受け付けをします。

宿泊者は大人:1,100円で利用でき、クラブやボールはレンタルできますので手軽にできました。

ホテルオリジナルグッズ

アリビラにはところどころにオリジナルグッズがありました。

部屋のお風呂に置いてあるシャンプーやトリートメントなどはアリビラオリジナルでした。

ショップ メルカード(お土産屋)にも売ってたりしますので、気になる方は要チェックです。

写真は宿泊した際にいただいたアメニティです。こういったサービスもアリビラの良さですかね。

朝食

アリビラの朝食は以下の3会場あり、全て「ハナハナ」でいただきました。

  1. ブラッスリー「ベルデマール」
  2. 日本料理・琉球料理「佐和」
  3. カジュアルビュッフェ「ハナハナ」

ハナハナはビュッフェ形式ということもあり、種類豊富で、オムレツはその場で注文して作っていただく形でした。

また、外には綺麗な海を見ることができ、優雅な朝食をいただくことができました。

ちょうど朝食のタイミングで虹が見えたりとラッキーな旅行でした。

周辺情報

ホテル周辺は自然が広がり、飲食店はさほど多くはないのですが、観光地はいくつかあったりします。

  • バンタカフェ
  • 体験王国むら咲むら
  • 御菓子御殿 読谷本店
  • 残波岬

などなどあります。

バンタカフェは星のや沖縄の隣にあるカフェで、目の前に海があります。さまざまなタイプの席がありまして、何度行っても違う景色を見れるのが魅力的です。

写真はビーチ沿いにある席から撮りました。

主要な観光地へのアクセス

ホテル日航アリビラから主要な観光地へのアクセスについて紹介します。

アリビラは沖縄本島の中部に位置するので、比較的どこに行くのも便利ですよ。

地域 観光地 アクセス(最短)
北部 古宇利島(こうりじま) 高速道路利用で約1時間20分
備瀬のフクギ並木 高速道路利用で約1時間30分
美ら海水族館 高速道路利用で約1時間30分
辺戸岬(へどみさき) 高速道路利用で約2時間
中部 万座毛(まんざもう) 一般道路利用で約30分
海中道路 一般道路利用で約50分
アメリカンビレッジ 一般道路利用で約30分
港川外国人住宅街 一般道路利用で約40分
南部 那覇空港 一般道路利用で約1時間
国際通り 一般道路利用で約50分
瀬長島 高速道路利用で約1時間
ニライ橋カナイ橋 高速道路利用で約1時間10分

沖縄本島の観光地については以下の記事でも紹介しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

宿泊して感じたホテルの良い点・イマイチな点

最後にホテル日航アリビラに宿泊して感じたホテルの良い点・イマイチな点について紹介します。

宿泊者目線でピックアップしてますので、検討中の方はぜひチェックしていただければと思います。

ホテルの良い点

まずはホテルの良い点から。

良い点

  • 海外のような雰囲気
  • どこの観光地へもアクセスの良い立地
  • ホテルの目の前にビーチがある
  • レストランの種類が豊富

上二つについてはこれまで紹介してきた通りです。

ホテルの目の前にあるニライビーチがあり、県内でも有数の透明度を誇るビーチです。やはりホテルにビーチがあるとリゾート感があっていいですよね。

また、レストランについてはホテルの周囲に飲食店が多いわけではないので、種類が豊富なのは好みに合わせて選べるので助かります。

ホテルのイマイチな点

次にホテルのイマイチな点について。

イマイチな点

  • ホテルの周りは街灯が少なく真っ暗な箇所もあり少し怖い

大したイマイチな点が見つからず、強いてあげるなら上記の点かと。個人的には大満足のホテルでした。

考えようによっては、街灯が少ないおかげで星がよく見えるかもしれないですね。

まとめ

今回はホテル日航アリビラの宿泊ブログについて書いてみました。

個人的には他のリゾートホテルとはまた違った雰囲気を味わえるのでお気に入りのホテルの一つです。

宿泊したタイミングが冬の時期だったので、海水浴ができるタイミングでまた来てしかっりビーチを満喫できたらなと思います。

今回の記事がホテル日航アリビラでの宿泊を検討している方の参考になれば幸いです。

沖縄本島のおすすめホテルについて以下の記事で紹介しているので、他のホテルにご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

【沖縄おすすめホテル】沖縄好きが実際に宿泊したホテルを紹介

続きを見る

-ホテル, 沖縄本島