沖縄本島 離島

沖縄本島から行ける離島 水納島の観光について紹介!

お悩み

  • 水納島ってどういう島なのか知りたい
  • 水納島ではどのように過ごすのか知りたい

このようなお悩みを解決する記事になっております。

この記事の内容は以下の通りです。

  • 水納島とは
  • 水納島への行き方
  • 水納島での移動手段
  • 水納島での過ごし方
  • 水納島の観光地
  • 水納島の飲食店
  • 水納島の宿泊施設
  • 水納島周辺の観光地

水納島という島をご存知でしょうか?

水納島は沖縄本島からフェリーで行ける離島で、非常に透明度の高いビーチが人気です。

夏などのシーズン中は海水浴をする人やアクティビティをする人で大変賑わっています。

今回はそんな魅力的な水納島の観光について詳細に紹介します。

実体験を元に紹介しておりますので、水納島にご興味のある方はぜひご覧ください。

水納島とは

水納島は沖縄県北部の本部町にある人口50人ほどの小さな島です。

クロワッサンアイランドとも呼ばれ、上空から眺めるとクロワッサンの形をしているのが特徴です。写真は飛行機から水納島が見えたのでその時の写真です。

水納島への行き方

水納島へは本部町にある渡久地港からフェリーに乗って行くことができます。

所要時間は約15分です。

フェリーの料金や乗り方などなど、詳細については以下の記事で紹介しております。

沖縄本島から行ける離島 水納島へのアクセスについて紹介!

続きを見る

水納島での移動手段

水納島での移動手段は「徒歩」がメインになります。

というのも水納島は周囲約4kmほどの小さな島で、主要な観光地は港からのアクセスがいいため徒歩で十分周ることができます。

ただ、島の端(クロワッサン型の両サイド)まで行こうとすると多少距離(徒歩30分ほど)があります。また、道が綺麗に舗装されていない箇所もありますので、ご注意ください。

水納島での過ごし方

次に水納島での過ごし方ですが、主には以下の2通りです。

  1. 水納ビーチで海水浴
  2. マリンアクティビティ

恐らく多くの方が上記を目的に水納島に行かれているのではないでしょうか?

1.水納ビーチで海水浴

水納島には水納ビーチと呼ばれる港の横に非常に透明度の高いビーチがあります。クラゲ除けのネットがあり、海水浴のできるビーチです。

ビーチにはパラソルや浮き輪などをレンタルできるショップ、シャワーやコインロッカーなど一通り揃っていますので、海水浴をするのではあれば水納ビーチがおすすめです。

水納ビーチの遊泳区域内には普通に魚がいます笑

本当にびっくりするぐらいいますので、ツアーでシュノーケリングをされない方はぜひゴーグルを借りるか持参するなどしてぜひシュノーケリングしてみてください。

ツアーに参加してシュノーケリングをしようかと検討していましたが、個人的にはこれで十分満喫できました!

2.マリンアクティビティ

海水浴の他には、マリンアクティビティをしに水納島に訪れる方もいます。

例えば以下のようなアクティビティです。

  • シュノーケリング
  • ダイビング
  • SUP
  • マリンスポーツ(バナナボートなど)

多くのアクティビティツアーがありますので、好みに合わせて楽しむことができますよ。

ツアーの場合、水納島へはツアー会社の船で行くものもあったりしますので、満席で水納島に行けないなんてことになりたくない場合は、そのようなツアーを予約してみてはいかがでしょうか。

水納島の観光地

次に水納島の観光地について紹介します。

観光地としては多くはないのですが、以下のような箇所があります。

  1. 水納ビーチ
  2. 水納島内部のビーチ
  3. 灯台近くのビーチ

いずれもビーチですが、下二つは人がほとんどいない穴場ビーチです。多くの方が水納ビーチを満喫していると思いますので、静かにゆっくりしたい場合はおすすめです。

1.水納ビーチ

まずは水納島と言えばの水納ビーチです。

水納ビーチは遊泳可能なビーチで、パラソルなどをレンタルできるショップ、シャワーやロッカー、トイレなど一通り揃っています。

場所も港すぐ横とアクセス抜群です。

海水浴をする際は最低限パラソルはレンタルすることをオススメします。ビーチに日陰がありませんので。

また、水納ビーチでは魚を見ることができますので、シュノーケリングもできますよ。

2.水納島内部のビーチ

次に水納島内部のビーチです。正式名称は分かりません笑

場所としては、水納ビーチの反対側にありまして、港から10分ほどで行くことができます。

遠浅な海が広がり、小魚が泳いでいるのを見ることができます。

こちらのビーチは海水浴をするというよりかは、静かに海を眺めたい方におすすめです。

私が行った際は誰もいませんでしたので。

3.灯台近くのビーチ

最後に灯台近くのビーチです。

こちらは水納ビーチと反対側をビーチ沿いに行くとあります。

個人的には海の透明度、青さは水納ビーチよりも綺麗に感じました。

遊泳区域ではないため、砂が舞って濁ることがないためですかね。

水納島の飲食店

水納島の飲食店としては以下があります。

  • お食事の店ティーダ
  • 御食事処みんな
  • 水納島マーメイド

場所としては、港から集落に続く道にいずれもあります。沖縄そばやタコライスなど軽食のような感じでいただくことができます。

お昼時は混みあうので、シャワーやフェリーの時間を考えて利用することをおすすめします。

水納島の宿泊施設

水納島は小さな島ではありますが、宿泊施設がありますので泊りがけで行くことができます。

  • Secret Beach House Minnajima
  • 民宿 大城
  • コーラルリーフイン・ミンナ

最終便後の離島は昼間とはまた違った雰囲気を楽しむことができると思いますので、ご興味のある方は宿泊してみてはいかがでしょうか。

水納島周辺の観光地

最後に水納島周辺の観光地について簡単に紹介します。

水納島周辺の有名どころの観光地とアクセスについては以下の通り。

観光地 アクセス
瀬底島 車で約5分
美ら海水族館 車で約10分
備瀬のフクギ並木 車で約10分
ナゴパイナップルパーク 車で約20分
道の駅 許田 車で約30分
古宇利島 車で約40分

いずれも水納島に行く際の玄関口渡久地港からの所要時間です。水納島観光と併せて、周辺も観光してみてはいかがでしょうか。

沖縄本島北部の観光地については以下の記事でも紹介しておりますので、ご興味があればぜひご覧ください。

【沖縄本島北部の観光を解説】観光地・離島・グルメと魅力盛りだくさん

続きを見る

まとめ

今回は水納島の観光について紹介しました。

水納島は小さな島ではありますが、あの透明度の高いビーチは一度は見る価値があると思います。

今回の記事で水納島に興味を持っていただければ幸いです。

良き旅を願ってます!

-沖縄本島, 離島