沖縄本島 離島

伊江島に初めて行った時の旅行記を書いてみた

お悩み

  • 伊江島に行こうと考えているので、実際に行った人はどのように過ごしたのか知りたい

以上のようなお悩みを解決する記事になっております。

この記事では、私が実際に初めて伊江島に行った際の旅行記として書いてます。

時系列ごとに詳細の時間も合わせて記載しているので、移動にかかる時間や観光にかかる時間の目安がわかるかなと思います。

また実際に行ったからこそ書ける耳よりな情報もご紹介しておりますので、ぜひ最後まで読んでくださると嬉しいです!

長い説明はこれくらいにして、さっそくご紹介します!

全体の流れについて

まず初めに伊江島に行った際の流れを時系列でご紹介します。

10:30 本部港到着
10:50 フェリー乗船
11:00 本部港出発
11:30 伊江島到着
12:00 ランチ
12:15 レンタサイクル借りる
12:35 城山南登山口到着
12:55 城山頂上到着
13:05 城山下山完了
13:30 ハイビスカス園到着
13:50 ハイビスカス園出発
14:05 伊江ビーチ到着
14:45 伊江ビーチ出発
16:00 伊江島出発
16:30 本部港到着

観光スポットの詳細については以下の記事でご紹介しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。

沖縄本島から行ける離島「伊江島」の観光スポットについて

続きを見る

1.まずは本部港へ

伊江島へは本部港からフェリーに乗って行くことができるので、まずはホテルから車で本部港に向かいました。

本部港には有料の立体駐車場があるので、そこに停めておきました。値段は1時間100円くらい(記憶があいまい)と安かった気がします。

ちなみに本部港へは路線バスでも行くことができますので、レンタカーを借りてない方でも行くことができますよ!

本部港に着いたらまずは乗船券を買いましょう。

乗船券は本部港内の窓口で買うことができます。料金は往復で1,390円でした。

本部港への行き方やフェリーの詳細については以下の記事で詳しく紹介してますので、より詳しく知りたい方はご覧いただければと思います。

沖縄本島から行ける離島「伊江島」への行き方について解説

続きを見る

2.本部港からフェリーで伊江島へ

乗船券を買ったらいよいよフェリーに乗船です。30分ほどで伊江島に到着しますよ。

フェリーは車を乗せられるほど大きく広かったのを覚えています。席もかなり多かったので、窓際の席で景色を眺めながらゆっくり過ごせます。

私自身はずっとフェリーの外の前側でひたすら風に当たりながら、黄昏てました笑

フェリーは瀬底大橋の下をくぐったり、近くの水納島や徐々に近づく伊江島など景色に飽きることなく、あっという間に伊江島に到着したのを覚えています。

伊江島に行く際はぜひ外で風に当たりながら景色を眺めてみてください!

3.伊江港でランチ

伊江島に着いたらまずはランチを食べました。

伊江港には飲食店やお土産屋などあり、その中の一つ「海人食堂(うみんちゅしょくどう)」で食べました。

海人食堂の詳細を知りたい方は以下のリンクなどご覧になってみてください。

海人食堂

海人食堂は食券を購入して、席に座るような感じでした。席からは海が見えるので窓際の席がオススメです!

食べたのは「まぐろ漬け丼」です、美味しかったですね~。

4.レンタサイクルで島内散策

ランチを食べたら、いよいよレンタサイクルを借りて島内散策です。

レンタサイクルは伊江港のすぐ目の前にある「タマレンタ企画」で借りました。

今回私が借りたのは普通のママチャリ(ギアなし)でしたが、レンタサイクル以外にもレンタカーやレンタバイクなどもあるみたいです。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、もしよければぜひ。

沖縄本島から行ける離島「伊江島」での移動手段について

続きを見る

5.城山(ぐすくやま)

レンタサイクルを借りてからは、最初に城山を目指しました。

城山はレンタサイクルで約20分ほどの場所にあります。道中は坂道が続きますので、少々大変でした。。。

ちなみに途中コンビニ(実は伊江島にはファミマが二つあります)がありましたので、飲み物を買うがてら休憩するのもありかもです。

こちらに自転車を停めていよいよ登り始めます。

写真の感じで階段が続きます。

階段を上ると城山が目の前に。まだまだ続きます笑

また登山口があります笑

ここからさらに登っていきます。。。

こんな感じの階段が続きます。この写真は頂上付近です。

頂上に到着~。城山登山口からだいたい15分ほどでした。1枚だけ頂上からの景色をお裾分けします。

帰りは来た道を戻るだけ&下りだからか5分ほどで戻れました笑

城山

  • 観光スポット名:城山(ぐすくやま)
  • 住所:〒905-0501 沖縄県国頭郡伊江村東江上552
  • アクセス:伊江港周辺のレンタサイクル屋からレンタサイクルで約20分(途中上り坂あり)
  • 駐車場・駐輪場:あり(無料)
  • 所要時間目安:約30分(頂上まで登る場合)
  • Web:https://www.iejima.org/document/2015011000046/

6.ハイビスカス園

城山を後にし、次に向かったのはハイビスカス園です。

ハイビスカス園までは平坦な道が続き、だいたい10分くらいで着きました。城山登った後に坂道だったらあきらめてたかもしれません笑

入り口はこのような感じ。伊江島のキャラクターもいてかわいらしいですよね。

園内は上記のような感じです。遠くに城山も見えますね。

私が行ったときは他にお客さんはいませんでした。伊江港から離れているのもあって穴場的な場所かもしれませんね。

ハイビスカス園

  • 観光スポット名:ハイビスカス園
  • 住所:〒905-0502 沖縄県国頭郡伊江村東江前3614−1
  • アクセス:伊江港周辺のレンタサイクル屋からレンタサイクルで約25分(城山からはレンタサイクルで約10分)
  • 駐車場・駐輪場:あり
  • 所要時間:約1時間
  • Web:https://www.iejima.org/hibiscusen/

7.伊江ビーチ

今回の伊江島旅で最後に訪れたのが伊江ビーチです。

伊江ビーチへ行く道も平坦な道が続きます。のどかな離島の風景を楽しみつつ移動しました。

ハイビスカス園から伊江ビーチまではだいたい10分くらいです。

ただ実際は伊江ビーチに行く道が分かりづらく、少々迷ったのを覚えています。(Googlマップのナビに従うと道なき道を通ることになったからですね笑)

結局、迷いに迷ってなんとかたどり着きました。

伊江ビーチに続く道は野球場の隣の体育館のような建物のすぐ脇の道を海に向かって進み、キャンプ場を抜けた先にありますので、もし行かれる際はご注意ください。

伊江ビーチはこんな感じです。遊泳可能なビーチなだけあって、施設は充実していました。

今回は城山を登ったり、自転車で移動で疲れていたので、海を眺めながらゆっくりしていました笑

伊江ビーチ

  • 観光スポット名:伊江ビーチ
  • 住所:〒905-0502 沖縄県国頭郡伊江村東江前2439
  • アクセス:伊江港周辺のレンタサイクル屋からレンタサイクルで約15分
  • 駐車場・駐輪場:あり
  • 所要時間:約30分(海水浴をしない場合)
  • Web:https://iejima.okinawa/kankou/伊江ビーチ(いえビーチ)/

8.レンタサイクル返却

伊江ビーチの後は気になるカフェがあったので向かったのですが、お休みでした。。。

時間も時間だったので、レンタサイクルを返却して伊江港でゆっくりしつつフェリーを待つことにしました。

レンタサイクル屋に戻ってきて、お会計をして返却完了です。

9.伊江港散策

伊江港ではお土産屋などを見ましたが、島内散策で疲れていたためかベンチに座ってゆっくりしてました。

疲れが来ていますね笑

幸い伊江港には日陰にベンチが多数ありましたので、休憩場所に困らなかったのは助かりましたね。

10.フェリーで沖縄本島へ

そんなこんなで沖縄本島行きのフェリーが伊江港に到着しました。

乗客の方が下りるのを待ってから乗り込みます。

乗客の際は本部港で購入した乗船券が必要ですので、無くさないように大切に保管しておきましょう。

帰りのフェリーは外で景色を楽しむ余裕はなく、船内の席に座って寝てました笑

あっという間に本部港に着いて伊江島旅は終了です。

夕方に帰るというこの感じがなんとも切ないんですよね~。。。

まとめ

今回は伊江島の旅行記について書いてみました。

日帰りで5時間ほどの滞在時間でしたが、十分満喫することができました。

実際に行った際の細かなスケジュール通りに書いてみましたので、計画を立てる参考になればと思います。

-沖縄本島, 離島