沖縄本島 離島

沖縄本島から行ける離島「伊江島」での移動手段について

お悩み

  • 伊江島での移動手段について知りたい
  • 実際に行った経験を踏まえて、おすすめの移動手段について知りたい

以上のようなお悩みを解決する記事になっております。

この記事では以下の内容について知ることができます。

  • 伊江島での移動手段について
  • おすすめの移動手段とその理由について

伊江島は沖縄本島から行ける離島です。

離島観光の際「移動手段をどうするか」というのはよくある悩みではないでしょうか。

この記事ではまず伊江島での移動手段について考えられるものをご紹介し、実際に行った経験からおすすめの移動手段についてご紹介していきます。

ではさっそく本題に入りましょう!

伊江島での移動手段

まずは「伊江島での移動手段」についてご紹介します!

移動手段としては以下が挙げられます。

移動手段

  1. レンタサイクル
  2. レンタバイク
  3. レンタカー
  4. 路線バス
  5. 観光バス
  6. 徒歩

割と候補がありますので、一つずつご紹介していきます。

1.レンタサイクル

移動手段の一つ目は「レンタサイクル」です。

離島観光の際の移動手段としては定番ですね。

レンタサイクルは以下のような場合におすすめです!

おすすめポイント

  • 安く抑えたい
  • 離島の雰囲気を肌で感じたい
  • ゆったり観光したい
  • 島全体ではなく、特定の観光スポットを周りたい

伊江島にあるレンタサイクル屋は「タマレンタ企画」です。

タマレンタ企画

  • レンタサイクル屋:タマレンタ企画
  • ホームページ:https://tmp.co.jp/carrental/
  • 住所:〒905-0503 沖縄県国頭郡伊江村川平520−2
  • アクセス:伊江港のすぐ目の前

レンタサイクルの料金は以下の通りです。

1時間まで 2~24時間まで 以降1日毎
大人(高校生以上) 450円 1,100円 500円
子供(中学生以下) 350円 850円 400円
団体(10様以上) - 850円 500円

ゆり祭りやゴールデンウィークの時期は料金が異なりますので、詳しくは上記ホームページのリンクからご覧ください。

2.レンタバイク

移動手段の二つ目は「レンタバイク」です。

レンタバイクは以下のような場合におすすめです!

おすすめポイント

  • 離島の雰囲気を肌で感じたい
  • 坂道など気にせず楽に移動したい
  • 島全体を周りたい
  • 移動の時間を短くして、さくっと観光したい

レンタバイク屋はレンタサイクルと同じく「タマレンタ企画」です。

タマレンタ企画の詳細については、この記事のレンタサイクルの箇所をご覧ください。

レンタバイクの料金は以下の通りです。

1時間まで 4時間~24時間まで 以降1日毎
原付(50cc) 850円 3,500円 3,000円
小型スクーター(125cc) 1,100円 4,500円 4,000円

こちらもゆり祭りやゴールデンウィークの時期は料金が異なりますので、レンタサイクルと同じくホームページのリンクからご覧ください。

3.レンタカー

移動手段の三つ目は「レンタカー」です。

レンタカーは以下のような場合におすすめです!

おすすめポイント

  • 坂道など気にせず楽に移動したい
  • 島全体を周りたい
  • 家族連れなど大勢で観光したい

レンタカー屋は「タマレンタ企画」と「伊江島観光バス」の2か所です!

伊江島観光バス

  • レンタカー屋:伊江島観光バス
  • ホームページ:http://iejima-bus.com/car-rental/
  • 住所:〒905‐0503 沖縄県国頭郡伊江村字川平478-9
  • アクセス:伊江港から徒歩5分

※タマレンタ企画の詳細については、この記事のレンタサイクルの箇所をご覧ください。

次に料金です。

タマレンタ企画は以下の通りです。

日帰り6時間まで 1泊24時間まで 1泊30時間まで 以降1日毎
電気軽自動車(4名乗り) 4,100円 6,100円 6,800円 6,000円
普通乗用車(8名乗り) 6,700円 8,700円 9,700円 6,700円

伊江島観光バスは6種類のクラス分けがされています。詳しくはレンタカー料金ページをご覧ください。

二つのレンタカー屋を比べてみても値段に大差ないので、利用用途に応じで選べばいいのかなと思います。

4.路線バス

移動手段の四つ目は「路線バス」です。

路線バスは以下のような場合におすすめです!

おすすめポイント

  • 離島の路線バスに乗ってみたい
  • 行きたい観光スポットが路線バスの経路上にある
  • 島の景色を楽しみながら楽に移動したい

路線バスは伊江港から乗ることができます。

路線バスの経路から行ける主な観光スポットは以下のような感じです。

主要な観光スポット バス停名 観光スポットまでのアクセス 運賃 伊江港からの所要時間
城山 中央公民館前 徒歩約5分 150円 約5分
ニャティヤ洞 西崎入口 徒歩約10分 250円 約10分
湧出展望台 真謝入口 徒歩約15分 250円 約20分

詳細は伊江島観光バスの路線バスのページをご覧ください。

5.観光バス

移動手段の五つ目は「観光バス」です。

観光バスは以下のような場合におすすめです!

おすすめポイント

  • 楽に効率よく観光スポットを周りたい
  • 行きたい観光スポットに行ける
  • 初めての伊江島で何も知らない(現地の人に案内してもらいたい)

こちらの観光バスは路線バスと同じく伊江島観光バスが運行しています。

観光バスの詳細はざっと以下のような感じです!

出発地(集合場所) 伊江港バス停
集合時間 12時20分
出発時間 12時30分
到着時間 15時30分
所要時間 3時間
料金 大人:2,500円 子供:1,500円
観光バス詳細ページ http://iejima-bus.com/regular-sightseeing-bus/

時間的には沖縄本島行きのフェリーの時間(16時)には間に合うので、日帰りで楽しむこともできそうですね!

6.徒歩

移動手段の最後は「徒歩」です。

正直徒歩はあまりおすすめしませんが、あえておすすめする場合は以下の場合です笑

おすすめポイント

  • 伊江港周辺のみを周りたい

以上、って感じですね。おすすめポイントが思い浮かびませんでした。。。

せっかく離島に来て、港周辺だけってことはないと思うので、徒歩以外の移動手段を選ぶのがベターでしょう。

おすすめの移動手段とその理由

ここまで伊江島での移動手段をご紹介してきましたが、私の経験を踏まえておすすめの移動手段とその理由についてお伝えしたいと思います。

個人的なおすすめは「レンタサイクル」もしくは「レンタバイク」です!

一番の理由はやはり「離島の雰囲気を肌で感じられる」に尽きます。

ただ、伊江島はかなり広めの離島であり、坂もありますのでどうしても楽をしたい場合を想定してレンタバイクも挙げております。

実際に伊江島に行った際、伊江港から有名な城山に向かう道中は上り坂でした。自転車を降りて押す分には問題ないくらいではありましたが、楽をしたいというのが本音です笑

もしまた行く機会があれば、その際はレンタバイクを利用したいなと考えてます!

まとめ

今回は伊江島での移動手段についてご紹介しました。

離島観光の際の悩みとなる移動手段ですが、今回の記事を参考にご自身にとってベストの選択をする助けとなれば幸いです!

-沖縄本島, 離島