ホテル 宮古島

東急ホテル&リゾーツ宿泊ブログ!宮古島初めての方におすすめ!

この記事は沖縄県の宮古島にあるホテル「宮古島 東急ホテル&リゾーツ」の宿泊ブログです。

記事の内容は次の通りです。

  • ホテル概要
  • アクセス
  • ホテルの外観・内観
  • 宿泊したお部屋
  • ビーチ
  • プール
  • ホテル内施設
  • 朝食
  • ホテル周辺情報
  • おすすめポイント

初めての宮古島で宿泊したのが、今回紹介する「宮古島 東急ホテル&リゾーツ」です。

立地がよく、ホテルの施設は充実しており、リゾート気分を抜群に味わえるそんなホテルでした。

何より、お部屋からの景色は最高でしたので、後ほど紹介します。

宿泊を検討している方の参考になるかと思いますので、ぜひご覧になってみてください。

ホテル概要

宮古島東急ホテル&リゾーツはその名の通り、宮古島にあるリゾートホテルです。

一番の特徴といえば、ホテルの目の前にある与那覇前浜ビーチです。

東洋一美しい海と言われるほど本当にきれいなビーチです。

ビーチについては後ほど詳しく紹介します。

また、広大な敷地にオーシャンウイング(本館)とコーラルウイング(新館)の二つの宿泊棟があり、ビーチやプールを始め、テニスやフットサル、パターゴルフなどを楽しむことができます。

空港からのアクセスも良く、非常に人気のあるホテルです。

ホテル名 宮古島 東急ホテル&リゾーツ
住所 〒906-0305 沖縄県宮古島市下地字与那覇914
TEL 0980-76-2109
駐車場 あり(無料)
ホームページ https://www.tokyuhotels.co.jp/miyakojima-h/index.html

アクセス

宮古島 東急ホテル&リゾーツへは車での移動の場合、宮古空港から約10分、下地島空港から約30分で行くことができます。

また、宮古空港とホテル間では無料送迎(事前予約が必要)を利用することができます。

下地島空港の場合、無料送迎を利用することができないため路線バスを利用することになります。

路線バスの場合、「宮古協栄バス」もしくは「中央交通 沖縄」を利用することになります。

いずれも1時間ほどでホテルまで行くことが出来ます。

料金は宮古協栄バス:700円、中央交通 沖縄:900円です。

宮古島を観光する予定の方はレンタカーを利用するのがおすすめです。

宮古島観光にレンタカーは必要なの?【あると便利だけど・・・】

続きを見る

ホテルの外観・内観

続いて、ホテルの外観・内観を紹介していきます。

まずは、ホテル正面の写真。

南国感ある雰囲気がイイ感じです。

ホテル入り口の写真。

シーサーが出迎えてくれます。

エントランスの写真。

天井が高く、広々としていました。

外からの自然光がいい雰囲気を作ってくれていました。

エントランスからコーラルウイング(新館)に行く途中の写真。

庭のような場所があり、リゾート感が溢れています。

オーシャンウイング(本館)とコーラルウイング(新館)の間の地下1階の写真。

ここにもシーサーがいました。

夜のホテル外観の写真。

プール越しにホテルを撮ってみましたが、いい感じに撮れました。

写真奥に写っているのがコーラルウイング(新館)です。

宿泊したお部屋

今回宿泊したお部屋はコーラルウイングの「グランドツイン ワイドビュールーム」というお部屋です。

清潔感があり広々としており、ゆっくりくつろぐことができました。

8階のお部屋ということもあり景色も最高でしたので、その辺りも紹介できればと思います。

リビング

まずはリビングの写真です。

茶色を基調とした落ち着いた雰囲気のあるお部屋でした。

ベッドの反対側の写真です。

テレビとベッドの間が広々しており、お部屋の広さがよく分かるかなと思います。

洗面所

洗面所の写真です。

清潔感があり、大きな鏡があって使いやすかったです。

アメニティも必要十分な感じでした。

お風呂

お風呂場の写真です。

ブラインドを開けると外の景色を見ることができますので、朝風呂なんか良さそうですね(私はしませんでした・・・)。

お部屋からの景色

お部屋からの景色です。

チェックインした直後は生憎の曇り空でした。。。

少し陽射しが出てきた時の写真です。

さすが与那覇前浜ビーチ、このコンディションでも青さがよく分かります。

翌朝の写真です。

最高のコンディションで最高の青さでした。

何度も沖縄には行ったことがありますが、この青さは初めてでした。

すごすぎです笑

向かいの来間島と来間大橋もバッチリ見ることができました。

景色最高すぎます。

ビーチ

宮古島 東急ホテル&リゾーツの目の前には東洋一美しいといわれる与那覇前浜ビーチがあります。

さきほどお部屋からの景色でも紹介したので言わずもがなですが、本当に青いです。

ホテル敷地内からビーチまでの道があり、歩いて数分です。

この日は波がありましたが、それでもこの青さです。

砂浜はサラサラとした白砂で気持ち良かったです。

海水浴以外にもさまざまなマリンアクティビティを楽しむことができますので、ご興味のある方はぜひ。

また、タオルやパラソル、お子様用の浮き輪などを宿泊者の方は無料でレンタルできますので安心して楽しむことができます。

プール

宮古島 東急ホテル&リゾーツには屋外プールが一つあります。

通常のプール(写真左)とお子様用のプール(写真右)があります。

パラソルやチェアーもありますので、プールに入らない方もゆったりリゾート気分を楽しむことができます。

また、タオルやお子様用の浮き輪を無料レンタルできます。

プールからも海が見えたりと最高の景色です。

ホテル内施設

次に宮古島 東急ホテル&リゾーツの施設について紹介です。

上記の写真の通り広い敷地内にさまざまな施設があるのがわかると思います。

いくつかピックアップして紹介していきます。

南々風 宮古特選館

南々風は宮古島ならではの雑貨や衣類、御菓子などを扱っているお土産屋です。

店内はかなり広々としており、品揃え豊富です。

ショップ プルメリア

ショップ プルメリアは御菓子や食品、水着などを取り扱っているお土産屋です。

南々風のすぐ隣に店内が繋がっています。

店内には水槽があり、熱帯魚を見ることができました。

スターダストバルコニー

スターダストバルコニーはオーシャンウイング、コーラルウイングの屋上にあり、星空を見るための場所です。

特に利用料金はかからないので、気軽に利用することができます。

写真だと伝わりづらいのですが、とにかく満点の星空です。

iPhoneで撮影したのですが、何とか星空と分かる写真が撮れました。

ぜひ宮古島を訪れた際は夜空を見上げてみてください。

朝食

朝食は「ニライカナイ」でいただきました。

ビュッフェ形式でして、種類豊富だったので大満足でした。

週末の宿泊ということもあってか大変賑わっておりました。

朝食会場としてはニライカナイ以外に、「やえびし」という和食の朝食もありました。

ホテル周辺情報

次にホテル周辺情報です。

これまで紹介した通り、ホテルの目の前に与那覇前浜ビーチがあるくらいで、ホテル周辺には特にお店などはありませんでした。

とはいえ、平良など(空港方面)の市街地まではホテルから車で15分程度で行くことができますので、特別不便というわけではありませんでした。

周りに何も無い分、静かにゆったり過ごすことができましたのでよかったかなと思います。

レンタカーがないと何かと不便に感じるかもしれませんので、個人的にはレンタカーを利用することをおすすめします。

【宮古島おすすめレンタカー】個人的・目的別におすすめレンタカー屋を紹介

続きを見る

おすすめポイント

最後に宿泊して感じたホテルのおすすめポイントについて紹介します。

ここまで紹介してきた内容で何となく分かるかもですが、おすすめポイントは次の通りです。

おすすめポイント

  • お部屋からの景色が最高
  • ホテル内施設が充実しており、ホテルステイもOK
  • リゾート気分を存分に味わえる

友人が宮古島に行く際にはぜひおすすめしたいそんなホテルです。

まとめ

今回は宮古島 東急ホテル&リゾーツの宿泊ブログについて紹介しました。

初めての宮古島、初めてのホテルでしたが、大満足の旅行でした。

なんといっても立地が最高で、部屋からあの青さの海が見えるのがやばすぎました。

ホテル内施設も充実してますし、宮古島に初めて行かれる方でどこに宿泊しようか悩まれている方はとりあえず「宮古島 東急ホテル&リゾーツ」を候補にしてみてはいかがでしょうか。

今回の内容が参考になれば幸いです。

-ホテル, 宮古島