ホテル 沖縄本島

【カフーリゾート宿泊ブログ】アネックス棟のスイートにリーズナブルに宿泊

この記事は沖縄県国頭郡恩納村にある「カフー リゾート フチャク コンド・ホテル」の宿泊ブログです。

記事の内容は以下の通りです。

  • ホテル概要
  • アクセス
  • ホテルの外観・内観
  • 宿泊したお部屋
  • ホテル内施設
  • 朝食
  • ホテル周辺情報
  • こんな方におすすめ

先日「カフー リゾート フチャク コンド・ホテル」に1泊2日で宿泊してきました。

前々から国道58号線から見えるカフーリゾートが気になっており、ようやく宿泊した感じです。

今回は3つある棟の内、アネックス棟を利用しましたので、アネックス棟に宿泊しようと検討されている方の参考になるかなと思います。

ホテル内も散策しましたので、お部屋以外も詳細に紹介できればと思います。

ぜひ気になる箇所だけでもご覧になってください。

旅行サイトでチェックする

ホテル概要

まずは「カフー リゾート フチャク コンド・ホテル」について簡単に紹介しますね。

カフーリゾートには3つの宿泊棟があり、それぞれホテル棟、コンド棟、アネックス棟と言います。

それぞれコンセプトが違ったお部屋が用意されていますので、様々なお部屋タイプの中からお好みに合わせて選ぶことができますね。

お部屋の設備はもちろん、ホテル内の施設も充実しており、長期滞在向きのホテルと言えるでしょう。

ホテル名 カフー リゾート フチャク コンド・ホテル
住所 〒904-0413 沖縄県国頭郡恩納村字冨着志利福地原246-1
駐車場 あり
客室数 333部屋
チェックイン 14時
チェックアウト 11時
ホームページ https://www.kafuu-okinawa.jp/

アクセス

カフーリゾートへのアクセスについてです。

カフーリゾートまでのアクセス方法として、主に次の2通りあります。

  • レンタカー、タクシー
  • バス

レンタカー、タクシーの場合、那覇空港から一般道を利用して約90分、高速道路を利用して約50分で行くことができます。

バスの場合は、路線バスと空港リムジンバスの2通りあります。

路線バスの場合、約2時間かかりますので、バスを利用する場合は空港リムジンバスを利用するのがおすすめです。

ちなみにカフーリゾートには駐車場があるので、各観光スポットを周られる方はレンタカーがおすすめですね。

ホテルの外観・内観

カフーリゾートの外観と内観についてです。

まずはホテルの全体はこのような感じ。3つの宿泊棟が連なっています。

こちらはホテル棟入り口の写真。

こちらはアネックス棟入り口の写真。

こちらはホテル棟のエントランスの写真。エントランスは各棟にあり、チェックイン・アウトも各棟でする形でした。

アネックス棟のエントランス入り口の写真。

アネックス棟のエントランスの写真。

宿泊したお部屋

今回宿泊したお部屋はアネックス棟の「スイート」という部屋タイプです。

とにかく部屋が広くて過ごしやすく、1泊ではもったいないくらいでした。

部屋の詳細も写真で紹介していきますね。

まずはリビングの写真。広々しており開放的ですよね。

窓側からの部屋はこのような感じ。

窓側にはソファーやローテーブル、テレビなどあります。テレビのそばにBluetoothスピーカーがあり音楽も楽しめました。

テレビと反対側にはダイニングテーブルもあります。

ダイニングテーブルはこのような感じ。

キッチンはこのような感じ。カフーリゾートには部屋にキッチンがあるんです。

キッチンの反対側には冷蔵庫や電子レンジがあります。

冷蔵庫の上にはコップ類があります。

電子レンジの上にはコーヒーメーカーや電気ケトルなどがあります。

そして奥の扉を開けると乾燥機付き洗濯機があります。洗濯ネットと洗剤もありかなり便利ですね。

ベッドルームはこのような感じ。ふかふかで熟睡できました。

ベッドルームの奥にはクローゼットがあります。

洗面所はこのような感じ。鏡が大きく広々しており使いやすかったです。

アメニティ類はかなり豊富にありました。

ドライヤーはパナソニック製でした。普段使いしているのと同じだったので使いやすかったです。

トイレはこのような感じ。

お風呂はこのような感じ。十分な大きさの湯舟でゆったり浸かることができました。

シャンプーとコンディショナーはボトルタイプでした。

ボディーソープも同じくボトルタイプでした。

入り口入って右手には掃除機や物干しざおがありました。長期滞在する方も安心ですね。

テラスはこのような感じ。景色が良いのでイスに座ってのんびり過ごしましたね。

ホテル内施設

ホテル内の施設はかなり充実していました。ざっと挙げると以下のような感じです。

  • プール
  • スパ
  • ジム
  • Deli & Café
  • ショップ
  • コインランドリー

多くの施設がホテル棟の2階に集まっていました。さくっと利用したい方はホテル棟に宿泊すると良さそうですね。

プール

カフーリゾートには2箇所プールがあります。

1つはホテル棟に、もう1つはアネックス棟にあります。

こちらはホテル棟の写真。ホテル棟のプールにはお子様用のプールもありました。

こちらはアネックス棟の写真。アネックス棟のプールは最上階にあり、いわゆるインフィニティプールでした。

景色が最高ですね。

スパ

スパはホテル棟の2階にありました。

今回は利用しませんでしたが、日頃の疲れを癒すのもいいですね。

ジム

ジムもホテル棟の2階にありました。

器具が豊富というわけではありませんが、24時間利用可能なのは利用しやすくていいですね。

Deli & Café

Deli & Caféもホテル棟の2階にありました。

テイクアウト専門とのことですが、種類豊富なのでホテルに居てお腹空いたときに重宝しそうですね。

メニューはこのような感じでした。

ショップ

ショップはホテル棟の2階とアネックス棟の1階の2箇所ありました。

こちらはホテル棟のショップの写真。

こちらはアネックス棟のショップの写真。

どちらかと言えば、ホテル棟のショップの方が広くて品揃えが豊富な印象を受けました。

とはいえ、どちらも飲み物や軽食、お土産品などありましたので、特に不自由はしないのかなと思います。

ランドリールーム

ランドリールームもホテル棟の2階にありました。

今回はお部屋に洗濯機がありましたので、利用しませんでしたが、利用する際は予約が必要とのことです。

お部屋に洗濯機がないタイプもあるようなので、そういった方がご利用されるのかなと思います。

その他

これまで紹介した施設以外にもありましたので、簡単に紹介しますね。

こちらはパソコンを使える場所で、ホテル棟の2階にありました。

同じくホテル棟の2階にBARがありました。昼間に通った際は営業してませんでした。

こちらはキャンドル作りなどを体験できるようです。同じくホテル棟の2階にありました。

朝食

カフーリゾートでの朝食は次の2箇所から選ぶ形式でした。

  • 琉球BBQ Blue(和食)
  • Wine & Dining The Orange(洋食)

どちらもビュッフェ形式とのことで、今回は洋食ビュッフェの Wine & Dining The Orange でいただきました。

ホテル棟の1階ということもあり、少々混みあっていましたね。

ご家族の方が多かった印象でした。

琉球BBQ Blueはアネックス棟の最上階にありますので、次回宿泊する際はぜひ利用してみたいですね。

ホテル周辺情報

カフーリゾートは高台にあり、目の前の道路を挟んで海がある感じです。

やはり高台からの景色は最高ですね。今回宿泊したタイミングは生憎の天気でしたが、それでも良い景色でした。

また、道路沿いには多数の飲食店がありますので、ご飯には困らないと思います。

歩いて行ける距離でもありますし、お店によってはホテルまで送迎してくださるところもあるみたいです。

カフーリゾートからアクセスしやすい観光地については以下記事で紹介してます。

【沖縄本島中部の観光を解説】沖縄ならではの景色・雰囲気を堪能できる

続きを見る

こんな方におすすめ

今回カフーリゾートに宿泊してみて、こんな方におすすめだなと感じた点について紹介しますね。

おすすめの方は以下のような感じかなと思います。

  • ご家族連れや大勢で宿泊される方
  • 長期滞在される方
  • 沖縄初めての方

これまで紹介した通り、お部屋の広さ、洗濯機やキッチン付き、施設が充実しているなどの点は上記2つの方に向いているかなと思いました。

また、ホテルの立地は沖縄本島の真ん中らへんなので、観光のしやすさから沖縄初めての方にもおすすめです。

まとめ

今回はカフーリゾートの宿泊ブログについて紹介しました。

沖縄らしいリゾート感あふれるホテルで、リーズナブルに快適な宿泊ができ大満足です。

正直1泊ではもったいないなと思うくらいでしたので、宿泊を検討されている方はぜひ連泊してみてください。

今回の記事が参考になれば幸いです。

旅行サイトでチェックする

-ホテル, 沖縄本島